トップページへ戻る院長プロフィール診察時間アクセス院内紹介掲載記事集QandA






診療の特徴


子宮がん・子宮頸部異形成・子宮内膜増殖症・卵巣がん・卵巣嚢腫・子宮筋腫・子宮内膜症など婦人科腫瘍について、25年余りの専門治療経験と細胞診専門医・婦人科腫瘍専門医・がん治療認定医・漢方専門医の資格によ り、非常に高い精度の検診(子宮がん・卵巣腫瘍・乳がん)と質の高い診療(子宮がん手術・子宮頸部上皮内腫瘍に対する妊娠機能温存レーザー手術・子宮内膜異型増殖症ならびにTa期G1腺癌に対する妊娠機能温存高用量MPA療法・漢方治療・婦人科腫瘍のセカンドオピニオン・がん化学療法)を行います。妊婦健診・不妊治療・性行為感染症治療と一般内科診療も行います。

開院十一周年のご挨拶

 広島市中区紙屋町に婦人科腫瘍の診療を中心としたクリニックを平成17年12月に開院して平成28年12月で十一周年を迎えました。精度の高い検診と専門性の高い診療を基本とし、患者様の理解が得られる丁寧な診療を心掛け、完全予約制で診療しています。平成22年に米国ベストドクター社からBest Doctors in Japan2010-2011 (ベストドクターズ・イン・ジャパン)に選ばれました。平成23年に日本臨床細胞学会から貢献賞を受賞しました。平成24年にBest Doctors in Japan2012-2013 (ベストドクターズ・イン・ジャパン)に再び選出されました。平成28年にBest Doctors in Japan2016-17(ベストドクターズ・イン・ジャパン)に三たび選出されました。

 20代・30代の若年女性の子宮がんや前がん病変が急増しています(院長論文:広島県における若年子宮頸癌の動向と癌検診実施成績―29歳以下の若年層への検診拡大の必要性について―,日本がん検診・診断学会誌 Vol.11 No.1,p86−91, 2003.7.)。20歳未満でも性経験から1〜2年経てば子宮頸がん検診が必要です。頸がんの予防にはがん検診とHPVワクチン接種が有用です。

 婦人科腫瘍医としての専門性を生かした質の高い診療をさらに進めたいと思います。今後もより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

 


藤井 恒夫 院長

開院後の診療内容について

 開院後の診療内容について「産科と婦人科」という医療雑誌に「Office Gynecologyへの挑戦−前癌病変・早期がんの管理−(CINレーザー蒸散、体癌MPA療法、Second opinionなど)」というタイトルで依頼執筆しました。(2008年 75巻 7号 特集/Office Gynecologyの将来 発行元:診断と治療社)

要旨
 基幹病院と厚生労働省がん研究班で培ったGynecologic Oncologistの専門性を生かしたOffice Gynecologyに挑戦し、開院後の2年間にCIN・早期頸がんのレーザー蒸散術186例とレーザー円錐切除術34例を行った.また、若年子宮体がんのMPA療法は5例中4例が治癒して2例が妊娠した.セカンドオピニオンは卵巣がん・卵巣嚢腫、子宮がん・前がん病変、子宮内膜症、子宮筋腫など38例に行った. 執筆論文全文


臨床医の40年を振り返って

 昭和50年に臨床医としてスタートして平成27年で早や40年になります。「臨床医の40年を振り返って」というタイトルで依頼執筆しました。 執筆全文


メンタルカウンセリングとメディカルハーブの講座のご案内


 当クリニックでは木曜日(休診日)に、自然療法としての英国バッチフラワーレメディによるメンタルカウンセリングと、植物療法のひとつであるメディカルハーブの講座を随時開催しています。

Topics

○当クリニックでは木曜日(休診日)に、自然療法としての英国バッチフラワーレメディによるメンタルカウンセリングと、植物療法のひとつであるメディカルハーブの講座を随時開催しています。

〇院長が2016年12月12日(月)am 10:10〜広島FM放送に出演します。
今回のテーマは“ピルの副効用と副作用”です。ピルは優れた避妊効果があり、安全性も高く、従来避妊目的で使用されてきましたが、それ以外にも月経痛改善、月経量減少、月経前症候群/月経前不快気分障害の症状改善、にきび・多毛改善、卵巣がん・子宮体がんのリスク低下などの副効用が数多くあります。今回は低用量ピル(OC)と同じ成分のエストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)の副効用と副作用について、わかりやすく解説します。

○院長が第3回日本婦人科腫瘍学会研修会(於:東京都)のため、12月3日(土)全日を臨時休診いたします。ご了解をお願いいたします。
平成28年12月3日 (土) 全日( 第3回日本婦人科腫瘍学会研修会)

○院長が広島県中部地区産婦人科医会学術講演会で特別講演しました。
日 時:11月16日(水)19:00〜
場 所:東広島市西条栄町 東広島芸術文化ホール くらら
テーマ:子宮頸部上皮内腫瘍の管理と最近の話題
内 容:子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)の管理(診断・フォロー・治療のアルゴリズム)について最新指針を講演した。

○院長が2016年9月12日(月)am 10:10〜広島FM放送に出演しました。
今回のテーマは“基礎体温”です。基礎体温の記録があると、月経異常や月経にともなう様々な症状、妊娠希望などで産婦人科を受診するときに役立ちます。また、とくに月経異常がなくても、基礎体温を記録することで自分の健康状態を客観的に把握できます。今回は基礎体温の記録でわかること、基礎体温の測り方について、わかりやすく解説しました。

○院長の藤井恒夫が米国ベストドクター社からBest Doctors in Japan 2016-2017(ベストドクターズ・イン・ジャパン)に三たび選出されました。

ベストドクターズ・イン・ジャパンとは、「医師が自分自身、またはご家族の治療を自分以外の誰に委ねるか」という観点から、推薦・評価を行い選出されるもので、多くの医師から支持を受けた人が、その年度のベストドクターズ・イン・ジャパ ンになります

米国ベストドクターズ社の日本サイト http://www.bestdoctors.jp


認定書 ↑クリックで拡大表示

○9月22日(木曜日・秋分の日)は広島市の依頼で休診日急患診療(9:00〜18:00)を行いました。

○院長が2016年7月8日第58回日本婦人科腫瘍学会総会(於;米子市)において、 日本婦人科腫瘍学会 吉川 裕之理事長から功労会員の推戴状を贈呈されました。

○院長が第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会(於;米子市)のため、7月8日 (金)・9日(土)全日を臨時休診いたしました。 ご了解ありがとうございました。
平成28年7月8日(金)・9日(土)全日(第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会)

○院長が2016年6月20日(月)am 10:10〜広島FM放送に出演しました。
今回のテーマは子宮内膜増殖症です。子宮内膜増殖症は子宮の内側の膜(子宮内膜)の細胞が過剰に増殖して内膜が厚くなり、内膜腺組織の異常を起こす疾患です。不正子宮出血、過多月経などの症状があり、一部のタイプで子宮内膜がんになる恐れがあります。また不妊症の原因となることがあり、適切な管理・治療が必要です。今回は子宮内膜増殖症の検査と治療法について、わかりやすく解説しました。

○院長が第67回日本東洋医学会学術総会(於;高松市)のため、6月3日(金)全日を臨時休診いたしました。 ご了解ありがとうございました。
平成28年6月3日(金)全日(第67回日本東洋医学会学術総会)

○院長が第57回日本臨床細胞学会総会ならびに第17回国際細胞学会議(於;横浜市) のため、5月28日(土)全日を臨時休診いたしました。 ご了解ありがとうございました。
平成28年5月28日(土)全日(第57回日本臨床細胞学会総会ならびに第17回国際細胞学会議)

○院長が日本産科婦人科学会第68回学術講演会(於:東京都千代田区丸の内)に出席のため、4月23日(土)全日を臨時休診いたしました。 ご了解ありがとうございました。
平成28年4月23日 (土) 全日(第68回日本産科婦人科学会学術講演会)

○4月3日(日曜日)は広島市の依頼で休診日急患診療(9:00〜18:00)を行いました。ご利用ありがとうございました。

○院長が2016年3月14日(月)am 10:10〜広島FM放送に出演しました。
今回のテーマはPMS(月経前症候群)です。PMSは月経前3〜10日間 (5日間)に現われる精神あるいは身体的症状で月経開始とともに減弱あるいは消失するものをいいます。いらいら、のぼせ、下腹部膨満感、頭重感、怒りっぽくなる、乳房痛、ゆううつなど 症状があります。今回はPMSの原因と治療法、症状を和らげる日常生活のポイントについてわかりやすく解説しました。

○院長が2015年12月7日(月)am 10:10〜広島FM放送に出演しました。
今回のテーマは“月経不順”です。 女性の健康のバロメーターともいわれる月経は環境やストレス、体調などの影響を受けやすいものです。月経不順の背景に別の病気が隠れていることもあります。今回は月経不順の原因、検査、治療、日常の注意点などについてわかりやすく解説しました。

○院長の藤井恒夫が米国ベストドクター社からBest Doctors in Japan 2012-2013(ベストドクターズ・イン・ジャパン)に再び選出されました。
ベストドクターズ・イン・ジャパンとは、「医師が自分自身、またはご家族の治療を自分以外の誰に委ねるか」という観点から、推薦・評価を行い選出されるもので、多くの医師から支持を受けた人が、その年度のベストドクターズ・イン・ジャパ ンになります。

米国ベストドクターズ社の日本サイト http://www.bestdoctors.jp


認定書 ↑クリックで拡大表示
○2012年9月20日(木)の中国新聞朝刊に院長の回答記事が掲載されました。
中国新聞朝刊「くらし」面の「ドクターに聞く! 評判の漢方治療」のコーナーに、「イライラ(神経症)」についての院長の回答記事が掲載されました。 掲載記事 (PDFファイル)


○院長の藤井恒夫が米国ベストドクター社からBest Doctors in Japan 2010-2011(ベストドクター・イン・ジャパン)に選ばれました。
ベストドクターズ(tm)・イン・ジャパンとは、「医師が自分自身、またはご家族の治療を自分以外の誰に委ねるか」という観点から、推薦・評価を行い選出されるもので、多くの医師から支持を受けた人が、その年度のベストドクターズ・イン・ジャパ ンになります。
  
認定書

↑クリックで拡大表示

米国ベストドクターズ社の日本サイト
http://www.bestdoctors.jp

○ 2007年5月30日(水)の中国新聞朝刊に院長のコメント記事が掲載されました。

「くらし」面の「健康 医療」というコーナーに院長が「子宮頸がん」についてコメントした内容が掲載されました。掲載記事

○ 2007年1月10日(水)の中国新聞朝刊に院長の回答記事が掲載されました。
中国新聞朝刊「くらし」面の「この病気 この治療」のコーナーに、前回の「子宮内膜症」についての記事に対する読者の方からのご質問に対しての院長の回答記事が掲載されました。掲載記事

○ 2006年12月13日(水)の中国新聞朝刊に院長の解説記事が掲載されました。
「くらし」面の「この病気 この治療」というコーナーに院長が「子宮内膜症」について解説させていただく内容となっております。掲載記事

過去のTopics一覧

○ 診察時間
診 療 時 間
09:30〜13:00
09:30〜13:00
14:30〜18:00
14:00〜17:00

休診/木曜・日曜・祝日 診察日カレンダー

○ 診察時間のご予約をお電話でうけたまわります。

下記の時間帯にお電話お待ちしております。
月・火・水・金曜日 09:30〜13:00,14:30〜18:00
土曜日 09:30〜13:00,14:00〜17:00
電話番号は082-241-2410です。
お問合せなどございましたら、こちらからどうぞ。メール送付



藤井レディースクリニック (婦人科・産科・内科)
電話:082-241-2410 (フジイ−フジイレディース
広島市中区紙屋町2丁目2番6号紙屋町イワミビル4階
(広銀本店対面・ケンタッキーフライドチキン隣り)
http://www.fujii-ladies-clinic.jp
mail : fujii-lady-clin@kvp.biglobe.ne.jp

当ホームページに掲載の内容・画像の無断転載を禁じます
Copyright (C)
Fujji-Ladies-Clinic All rights reserved.